​教育理念

~見たことのない景色を子供たちに届けるために~

新しい世代の価値観が今、大きく変わってきています。「みんなが進学するから、私も進学する。」「大きな会社に入っておけば安心。」という時代から、自分の好きなこと、自分の得意なことを見つけて、それを深めていくことが求められる時代になってきました。
 もちろん、自分の好きなことや得意なことを見つけることは、容易ではありません。そこで、必要になるのは自己分析力です。自己分析力とは様々な経験をし、他者と交流しながら自分の能力を知ることです。
 自己分析した上で、多くの選択肢からより良い選択をする。その選択が多くの人にとって良い選択でも、自分にとって最良の選択でなければ、それに向かって努力することが難しい時代です。誰かが敷いてくれたレールの上を必死に走って行けば幸せになれる時代は終わったのかもしれません。
 そのために我々、大人が子ども達にできることは何でしょう。自分を知る機会を多く与えること、そして、数多くの選択肢を与えることではないでしょうか。

私たちは”勉強する”ということは、単に学力を上げるだけのものとは考えていません。勉強することは自分と向き合い、自己分析をする一つの手段であると考えています。スポーツや芸術も一生懸命やればやるほど、自分の限界が分かってくるものです。他者との比較の中で自分の長所・短所を理解し自分にあったスタイルを確立しなければ自分の力を発揮できないのは言うまでもありません。
 高校受験とは、義務教育を終えて、人生で初めて自分で未来を決め、選んでいくときです。深く考えることをしないで、単に学力や自宅からの距離などの理由で決めていいのでしょうか。公立高校や私立高校、普通科と実業科(工業科や商業科など)と高校の卒業後の進路を考えると多くの選択肢があります。職業においても数年前には想像もしなかった新しい職業がどんどん生まれています。
 授業では学力向上はもちろんのこと、子ども達に現在の社会の状況を伝えながら、多くの選択肢を与えて、自分で選び、勝ち取っていく能力を身につけさせていきたいと思っています。更には、自分で他にはない新しい選択肢を生み出せる人間が、これからの時代に必要とされているとも考えております。
 価値観が多様化する中、自分の選んだ道に誇りをもって歩んでいける人間を育成していくことが私たちの使命だと考えています。